彼処の臭い対策。おすすめグッズまとめ

彼処(あそこ)の臭いの対策におすすめのグッズをまとめました。

かなりデリケートなゾーンなので、消臭のためとはいえ強い洗浄力の石鹸で洗うと逆効果となってしまいます。

必ず、優しい専用の石鹸で洗うのがおすすめです。

1.ジャムウハーバルソープ



257万個突破!LCジャムウ・ハーバルソープ

ニオイ&黒ずみ、もう気にしない!
防腐剤、安定剤不使用、ハンドメイドの自然派石鹸です。インドネシアの伝統を守りつつ、日本人の肌に合うように品質・成分を改良。臭いや黒ずみの元を徹底的に研修し、頑固なたんぱく質や古い角質に直接アプローチできる石鹸です。

一番有名で実績あるジャムウ石鹸です。

こちらの石鹸で洗うと、本当に嫌なニオイがなくなります。また、デリケートゾーンや乳首の黒ずみにもパックすることで色を少しずつ薄くすることができます。

ただ、ジャムウの石鹸は泡立ちは良くないので、ネットを使って泡立てて毎日3分パックするには地道な努力?が必要ですが、確かに変化を実感できました。

まずこのジャムウ石鹸で匂いの元を優しく、かつ徹底的に洗浄するのがおすすめです。

また、ジャムウソープは男性の匂いも消臭するそうです。

★詳細はこちら⇒257万個突破!LCジャムウ・ハーバルソープ

2.アレッポの石鹸

シリアのオリーブ石鹸と言えば、この石鹸。オリーブオイルとローレルオイルでできたしっとり潤う石鹸です。
・今も昔ながらの製法を守り、質の良いオリーブオイルが手に入らない年は石鹸を作らないというアレッポの中でも指折りの頑固な老舗石鹸メーカー【アデル・ファンサ社】が作っています。
・アレッポの石鹸には人の肌の脂肪酸と良く似たオレイン酸を多く含んでいますので、汚れを落としつつ、潤いをたっぷり補ってくれます。

こちらのアレッポの石鹸は、ジャムウハーバルソープで臭いの元を消臭したあとに、デイリーとして使ったところとても良い状態を保つことが出来ました。

しっかり洗えて潤うので、身体もデリケートゾーンも安心して洗うことができます。

敏感肌やアトピーの方にも使えると評判の石鹸です。

石鹸の匂いは自然ですが独特で、正直に言えばあまり良い匂いではありません。子どもの頃に使った油粘土のようなにおいです。独特ですが慣れれば大丈夫。

一度使うと、他に浮気しても肌が弱るとこれに戻ってきてしまう。そんな石鹸です。

★楽天でお探しの方はこちら⇒アレッポの石鹸 一覧

3.ミヨシ 泡のボディソープ

肌にやさしい泡タイプのボディソープです。泡にすることで素肌への摩擦刺激が和らぎ、よりマイルドに洗えます。泡もちがよく、しっとりした洗い上がりです。
石けん成分以外に何も添加していません。合成界面活性剤はもちろん、香料、防腐剤、着色料などは一切加えていません。石けん本来の自然なやさしさをそのまま製品にしてお届けしています。

こちらは普通にスーパーやドラッグストアでも購入できる無添加のボディソープです。成分はせっけん素地だけ。泡で出てくるタイプなのでデリケートゾーンを洗うのにも適しています。私は今はこれを使っています。特別良い!というわけではないのですが、使いやすいし本当に安心な石けんです。

無香料でほぼ無臭、せっけんのかすかな香りがするだけなので、香料や強い匂いが苦手という方にもおすすめです。

★楽天でお探しの方はこちら⇒ミヨシ 無添加石けん 泡のボディソープ

番外編:トイレの後の正しい拭き方

匂いの元の原因のひとつとなるのが、トイレ(小)をした後の拭き残しです。正しい拭き方を知っていれば、下着の汚れも少なくなり快適です。

正しい拭き方は、トイレットペーパーを適量手に取り、用を足した後に優しく押しあてるだけ。あてたまま数秒~10秒くらい待ちます。すると、尿道の中に残った分まできれいに吸い取れます。前後左右にこすってはいけません。肌荒れの原因にもなります。

あとは跳ねた部分などを軽く拭き取れば終わりです。

おわりに

デリケートゾーンというだけあって彼処は本当にデリケートなのです。

専用せっけんを使ったりトイレのあとに優しく拭いたりして、大事に扱ってあげましょう。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加